最速で最速を目指す人のためのミニ四駆情報

ミニ四駆初心者が最初に買うべき道具や工具の一覧(初心者編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ミニ四駆初心者や復帰組が揃えるべき道具等を厳選していきます。

スポンサーリンク

段階別に道具を紹介

ミニ四駆初心者や復帰組にとって、道具や工具を買い集めるのは楽しいもの。この記事では、段階別に必要になってくる道具や工具をまとめていきます。

スポンサーリンク

1 とにかくミニ四駆を組み立てて走らせたい

レースとかどうでもいい段階です。

ドライバー

必需品。個人的には、

これがあれば、なんの不満もありません。ナットを締める器具も付いてるのがポイント。でも実は、これだと皿ビスとかなめちゃうことがあるので、

 

これがあるとかなり安心。ただ、ちょっとサイズが大きくて取り回しが大変なので、家での据え置き用に買うといいかも。ちなみに、

この記事で紹介している「スターターパック」を買うと、コンパクトなドライバやナットのレンチ等が入っているので、最初に買うのには本当におすすめ。

ほんとにミニ四駆組み立てて走らせればいいなら、ドライバーがあればオッケーです。

スポンサーリンク

2 レースでいい勝負がしたい

レースでいい勝負がしたくなってくると、買い揃えなければならないものがでてきます。

ニッパー

まあ爪切りとかでも代用できるんですが、超便利なので是非買ってください。

これ買っておけば間違いないです。いろいろ使えます。でもおすすめは、「キレイに切る」用と「大雑把に切る」用を分けること。上のを大雑把に切る用(ある程度刃のことは考えずに力強く切る時に使うやつ)にしておいて、キレイに切る用には

これがマジオススメ。ちょっと高いんですけど、切れ味や切ったところの跡が全然違います。バリ取りは速さにも直結しますので、キレイ切りニッパーは良いものをおすすめします。値段によって全然違うので驚いた工具の一つです。

リューター

ミニ四駆触るまで存在を考えもしなかった工具の一つ。ミニ四駆を触ると常に傍らに置いておく用になる工具の一つでもある。これは、もうほぼ必須な工具です。最初は「リューターなしでも、カッターのこでなんとかいけるかな」と思いましたが、とんでもないです。リューターはないとやっていけません。

ボディの切断やバンパー、FRP、カーボンの切断はもちろん、切断面のヤスリがけ、ペラタイヤ作成にも使えるスグレモノ。そしてなにより、必須になる「皿ビスのザグリ」という作業にも必要になってくるので、必ず買ったほうがいいです。

このへん買っとけば間違いないですね。ちなみにさっきの流れから、

この「皿ビスザグリ用ビット」と、

この「ダイヤモンドカッター」のビットは必須になります。あ、ビットってのは、リュータの頭に付け替えて使う削ったり切ったりするためのアタッチメントのようなものです。この2つのビットがあれば、ひとまず大丈夫です。

ヤスリ

ヤスリはとりあえず100均に売ってる「ダイヤモンドヤスリ」で良いです。棒状のやつ。例えばこんなやつ。

diamondyasuri

これが1つあればしばらくなんとかなります。

瞬間接着剤

工具ではないですがこれも必須。これは、買うもの決まってます。

これを買ってください。とても便利です。

ハサミ

はさみは、マルチテープを切ったり、ブレーキを切ったりするために使うので、100均のものでも構いません。ただ、このあと「ポリカボディ」というのを使うのが必須級なんですが、それを切る際に便利すぎるものがあります。

これは本当に便利だから買うのをオススメ。初心者編ではないですが一応ご紹介。

マルチテープ

これ、ほんとにマルチだから買ったほうがいい。ブレーキ隠し等にも使います。

スプレー

なんで急にスプレー?って思ったかもしれませんが、必須級のパーツ「ポリカボディ」は、塗装をしないとレースに出られません。1色スプレーを買って、それを吹きかけてシールを貼るだけでかなりかっこいいものができますので、自分の好きな色のスプレーは1本買ってください。

なんか他にも「カッター」とか「デザインナイフ」とかほしいところですが、とりあえず初心者編としてはこんなものなのではないでしょうか。とりあえずこれがあればMSフレキとか作れますしね。「レースである程度勝負するまでミニ四駆やりたい」って人は、まずここにあるものを揃えてみましょう。さらにハマりそうだったら、次の段階に進みましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© mini4.net , 2018 All Rights Reserved.